企業からのお知らせ

■キナン最新情報 案内板

みなさん、こんにちは。
キナンのページにアクセス頂きありがとうございます。

【会社説明会情報】
5月頃を予定しています。  


活気があり、若手でもチャンスや活躍する場がたくさんあるキナンの社風を、皆さんにしっかりと感じて頂けるような説明会を開催しています。

少しでもキナンに興味をお持ちの方は、当社がどんな会社なのか、一度確かめに来てください。

また、温浴施設・店舗運営職へのご希望の方は「マイナビ 企業マイページ」をご覧下さい。


では、皆さまにお会いできることを楽しみにしています!

株式会社キナン

私たちの仕事が、地図という形で足跡になる。業界を支える切り札、リリーフ的存在。

 和歌山県新宮市に本社を構えるキナンは1983年に設立。土木建設機械のリース・レンタル会社として、和歌山県、三重県を中心に全国展開。この2、3年は関東から東北にかけても存在感を示し、その実力は創業以来ほぼ右肩上がりの実績を上げていることからも窺われる。

 そんなキナンが、いまもっとも力を入れているのが、橋梁点検車などの高所作業車。この分野で日本No.1をめざし積極的に全国展開を行っている。また2014年には、東京で開催される世界規模のスポーツイベントの布石として東京営業所を拡大・移転しました。

 さらに、建機レンタル事業以外でも、将来を見据えたクリーンエネルギー(太陽光発電)事業や、温浴事業、フルーツファクトリー事業(農業部門)なども展開。グループ会社の日産プリンス和歌山や熊野フードファクトリーなどもレンタル業との相乗効果で順調に伸びている。国際自転車ロードレース「ツール・ド・熊野」の開備から始まり、プロチームとして「KINAN CYCLING TEAM」の運営など、各地の催事への参加も、地域に密着した地域貢献活動を積極的に行っているのも企業姿勢として光るものがある。

 こうした新しいものに果敢に挑戦する職場環境のなかで私たちが求めているのは、三振を恐れずフルスイングできるプレイヤー。何事にも臆せず前向きに挑める人材だ。背景には、失敗を許容し全力でバックアップする社風がある。

 常に新しいことに挑戦し、世の中を動かす“動力”として地域づくり・国づくりの一翼を担う夢を共有できる方は、臆せずその扉を叩いてみることをお勧めする。

設立 1983年
資本金 3億3,075万円
代表者名 代表取締役 角口孝幸
売上高 193億円 (2015年2月実績)
従業員数 280人 (2015年2月実績)
平均年齢 39.8歳
株式公開 非公開
事業内容 ■土木建設機械のリース・レンタル・販売・修理
■環境機器のレンタル・販売・開発
■温泉浴場の運営(6ヶ所)
■クリーンエネルギー(太陽光発電)事業
■フルーツファクトリー(農業部門)事業
事業所 ■本社
和歌山県新宮市

■事業所
【東北】宮城中央・仙台・南相馬
【関東】三郷・千葉・東京
【東海】大垣・岐阜・揖斐・名古屋・四日市北・四日市・亀山・上野
    名張・津・伊勢・志摩・松阪・滝原中古機械センター・尾鷲・熊野
【近畿】大阪・南大阪・五條・淡路・和歌山・和歌山北・吉備
    日高サービスセンター・御坊・田辺・串本・新宮
【中国】広島
【九州】福岡・熊本

□事業部
温浴事業部(熊野の郷 3店舗・アマンディ 3店舗)
アイキ事業部
クリーンエネルギー事業部
アグリ事業部 イチゴ農園「スノーベリーファーム」(札幌市)
グループ会社・関連会社 日産プリンス和歌山販売(株)
(株)熊野フードファクトリー
平戸金属工業(株)
(有)大洋モータース
沿革
1974年 1月
和歌山県新宮市において土木建設機械の販売・修理を目的として紀南建機を創業
1976年 1月
リース部門を発足
1979年 9月
特定自主検査業者登録(和11)を受け工場の近代化を図り、特定自主検査を開始
1983年 9月
株式会社組織に改め、紀南建機株式会社を設立。資本金2,000万円
1990年 11月
検査業者大臣登録に変更
1991年 6月
株式会社キナンに社名変更
1993年 7月
本社を新宮市大橋通り3−1−1へ移転
1995年 3月
株式会社レンタルワークを吸収合併
1999年 6月
環境事業部を新設
2002年 10月
大機リースより営業譲渡を受け、株式会社ダイキを設立
2004年 3月
株式会社ダイキを吸収合併。
5月・(株)アイキ並びに株式会社テクノ・アイキの営業権を取得
2004年 12月
兵庫県西宮市に温浴施設1号店となる鳴尾浜温泉「熊野の郷」オープン
2008年 2月
本社を新宮市浮島1−25へ移転
2009年 4月
長崎市へ「ホテルアマンディ」オープン
8月・佐賀市へ「ホテルアマンディ」オープン
2011年 7月
宮城県石巻市に宮城中央営業所を開設
2012年 4月
日産プリンス和歌山販売株式会社を吸収し、完全子会社化
2013年 2月
和歌山県新宮市、三重県南牟婁郡御浜町に太陽光発電所を設置。
7月・大阪府東大阪市に大阪営業所を開設。
2013年 10月
福島県南相馬市に南相馬営業所を開設。
11月・宮城県仙台市に仙台営業所を開設
2014年 4月
アグリ事業部を開設。
11月・(株)熊野フードファクトリーを設立し、かまぼこの製造と販売を開始
2015年 2月
福岡県鞍手郡に太陽光発電所を開所
5月・平戸金属工業(株)を吸収し、完全子会社化
6月・(有)大洋モータースを吸収し、完全子会社化
プロフィール
プロフィール

キナンって何をする会社…?

■その1   多種多様な建設機械をリース・レンタルします

町でよく見かける建物や道路の工事現場で活躍している建設機械にはいろいろな種類のものがあります。
油圧ショベルのような大きなものから、発電機などの小さなもの、高い場所での仕事に利用される高所作業車、トンネル工事で使われる推進機械などの特殊機械、その他にもダンプやユニック車など。
建設機械と一言で言っても、その種類は本当に多種多様です。
キナンはそれらの全ての機種を取り揃え、大手ゼネコンや建設業者にリース・レンタル・販売をさせて頂いています。
「キナンで用意できない機械は無い!」と言われるほど品揃えには自信を持っています。
また、ネットワークのちからを最大限に生かし、どんな現場でも機械をお届けしています。

■その2   モットーはお役立ち提案

キナンの営業が心掛けていること、それは、「お役立ち提案営業」です。
工事現場や計画を見て、「この工事には、この機械を」 「従来の機械を使うより当社のこの最新機械を利用して頂けば安全性のアップ、工期の短縮が可能になり、どれぐらいのコスト節減につながりますよ」 といったご提案をさせて頂いています。どんなことでもお客様のお役に立ちたいというのがキナンの願いです。

■その3   製造メーカーにも提案! より優れた建設機械・環境機器の開発を支援しています

数多くの工事現場、多様なケースをサポートしてきたキナンは、使う側が求めている機械、満足していない機能などのいわゆる「活きたデータ」をたくさん持っています。
すなわち製造メーカーが知りたがっている現場の声を、要望としてメーカーに取り入れて頂いています。
新しい機械を開発して頂く→キナンもお客様に自信を持ってその機械をお薦めできる→お客様の仕事の効率がアップする という流れが実現するわけです。
 
お客様に貢献し、社会に貢献する。そんなやりがいのある仕事をやっている、それがキナンという会社です。
まちづくりを、「支える」
まちづくりを、「支える」

センターポジションではないが、なくてはならない存在。建設機械は頼れる助っ人。


日本という国づくり、街づくりに欠かせないのが、さまざまな建設機械(以下、建機)。すなわち“働くクルマ”です。例えば、新しい東京のランドマークとなったスカイツリーの建設でも高所作業車をはじめ、多くの建設機械が活躍しました。
一口に建設機械といってもその種類は多様で、ショベルカーやダンプカーなどおなじみのものをはじめ、いま触れた高所作業車や、日本にまだ数台ほどしかない橋梁点検車など特殊かつ巨大なものまであるのですが、実は、その多くはレンタル会社が保有しているのです。ゼネコンや土木、建設の工事会社が保有している建設機械はよく使う、いわば“日常使い”のもの。ここ一番という時にしか使わない特殊なもの、大きなものは、レンタルに頼っているわけです。スタメンではないが、いないと試合が成り立たない。レンタルとは現場における助っ人、リリーフエースといっていい存在なのです。

そんなレンタル会社の中でも、私たち株式会社キナンは、高所作業車や橋梁点検車など特殊なニーズに応える建機を多くラインナップしている、いわば“尖(とんが)った”会社といえるでしょう。強みは、大手レンタル会社には真似のできない機動性。新しいものに挑戦する進取のマインドと、明日を先取りしたラインナップ、新事業への投資などです。
その根底にあるのは「人」の力。人と人との関係を大切にし、現場を想う営業力(これを私たちは「お役立ち提案営業」と呼んでいます)と、失敗を許容し、人を伸ばす人材観です。
レンタル業にはロマンがある
レンタル業にはロマンがある

まだ誰も通ったことがない高速道路を走る爽快感。苦労や失敗がすべて吹き飛んだ。


当社は「お役立ち提案営業」という独自の営業の考え方をもっています。お客さまのこと、現場の様子を観察し、想像することで+αのサービス、付加価値を提案することですが、それはまた自分を売り込むことにも通じます。
大切なのは、常にお客さまの中のランキングを意識しておくこと。つまり、自社がいま何位にいるかということですね。最初はランク外ですが、それが何かのきっかけで・・・例えば特殊な機械が急遽必要になってお客さまから電話が来たときなどにしっかり対応できれば順位が上がっていく。このとき、お客さまが名刺を見て端から電話をかけまくり最後に当社に電話を掛けていただいたという状況が想像できれば、これがビッグチャンスだということがわかる。どんなことをしてでも対応しなければいけない。そうすれば、ランクが上がり、“次のチャンス”が来る。それに応えると10位ぐらいになる。そしてまた次が来る。応える。+aの提案をする。こうして順位をどんどん上げ、1、2位にまでもっていく。要はお客さまの心の中のシェアを上げること。ランクとともにやりがいもどんどん上昇していきます。

そうしてお手伝いする仕事、現場が増えると、街のあちらこちらに自分が関わったものが増えていく。その多くは、地域に役立つもので、何年も残る。地図に残る仕事に携わることができた、という充実感があります。
私がこれまででいちばん喜びを感じたのは、新名神の工事現場に携わったときのこと。完成間近な時期に、まだ誰も通っていない高速道路を走らせてもらいました。現場での制限速度を守ってですから20km/hぐらいですが、その爽快感は半端ではなかった。苦労や失敗などみんな吹っ飛びました。
レンタルという言葉は軽く受け取られがちですが「建機のレンタル」は、街づくり、郷土づくり、国づくりに貢献する誇りを持てる仕事。とにかく一度当社を、覗いてみてください。社風にさえ合えば、きっと働く意義とロマンを見つけることができると思いますよ。

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
担当者イメージ
キナン本社
〒647-0014
和歌山県新宮市浮島1-25
0735-21-3800
saiyo@kinan.co.jp
担当部署名/担当名 総務部/係長 堺 繁樹 
最寄駅 JR新宮駅

エントリー

株式会社キナン
サービス/その他サービス

閉じる

  • エントリー